名古屋でヒゲ脱毛

自分でヒゲ脱毛するデメリット

脱毛サロンに行くのは恥ずかしい、めんどくさい、お金がかかる、本当に効果があるのか不安・・・。
そんな時、手を出してしまうのが自分で行うヒゲ脱毛です。
毎日剃るのも面倒だし、いっそのこと自分で抜いてしまえば、好きなときにできるし安く済む。そんな安易な発送は危険ですよ。
実は、自己流や市販薬などのヒゲ脱毛にはさまざまなデメリットがひそんでいるのです。

毛抜きで抜く

毛抜きで抜くのはもっとも簡単な手段ですね。慣れてくるとスルスル抜けるので、ついつい癖で抜いてしまう人もいるのではないでしょうか。
ヒゲを抜くと毛根も目立たずキレイに抜けたような気がするかもしれませんが、実はヒゲを抜くと、さらに濃いヒゲが生えてきてしまう恐れがあります。体毛もそうですが、刺激を与えると余計に太くしっかりした毛が生えてしまうので、安易に抜くのはやめましょう。また、むりやり抜こうとすると肌を傷つけたり炎症になったり、埋もれ毛になる可能性があるので、要注意です。

脱毛(除毛)クリーム

脱毛クリームともいいますが、これはクリームを塗った毛を溶かすものなので、除毛クリームになります。除毛クリームは市販品も多く、安くてお手軽なので、女性のムダ毛対策によく使われています。

体毛用は刺激が強いので、ヒゲには使わないようにしましょう。ヒゲ用の除毛クリームもありますが、毛を溶かす成分なので、肌の弱い人は荒れてしまったり、匂いが苦手で使わなくなってしまうことも多いですね。あくまで表面の毛を溶かすだけなので、ヒゲはまたすぐ生えてきます。除毛クリームで肌が荒れてしまうと、カミソリなどで剃るのも苦痛になるので、効果よりもデメリットが目立ちますね。

ワックス脱毛

ワックス脱毛とは、ジェル状のワックスを肌に塗り、そこへ布を貼り付けて思いっきり引き剥がして毛を無理やり抜くという方法です。
粘着テープのようになっているものもあり、貼って剥がすだけなので簡単ではあります。しかし、剥がすときの恐怖と激痛は罰ゲームと呼ぶのにふさわしいものです。経験のない人は、すね毛などにガムテープをしっかり貼り付けて思いっきりはがしてみると、そのおそろしさがわかるかもしれません(おすすめしません)。
確かに毛は抜けますが、お肌にかかる負担は計り知れません。せっかく激痛を我慢して抜いてもまたすぐ生えてくるのも、デメリットばかり大きく感じます。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器とは、サロンなどで使用している光脱毛機器のパワーの弱いものです。
効果はまったくないわけではないですが、根気よく続けていかないとほとんどわからない程度のものが多いです。効果が弱い割には結構痛みがあるので、麻酔クリームを塗ったり、保冷剤でこまめに冷やしながら、ちまちま光を当てていく手間のかかるものです。
機械自体も安いものではなく数万円はするので、結局使わなくなるかもしれないと思うともったいないですね。脱毛機の光はとてもまぶしくて目に当てると大変危険です。付属のサングラスは欠かさないようにしましょう。
ヒゲ脱毛だけなら、高い機械を買うよりも、サロンに通うほうが確実でお得かもしれません。